海外勤務の多い業種や職種、海外勤務での給与支払・住民税・社会保険のことなど

転職して海外勤務を希望、ヨーロッパで働ける求人の探し方とは?

ヨーロッパで働ける転職先を探す場合、自分のキャリアをいかにうまく活かせるかがポイントとなります。発展か著しいアジア地域とは異なり、ヨーロッパ地域はよくも悪くも成熟した市場を持っています。アジア地域の場合、日本企業の生産拠点や現地法人が積極的に進出し、管理職などの形で転職する余地もありますが、ヨーロッパの場合はすでに進出に伴う海外勤務が少なく、すでにヨーロッパに足場を築いている企業からの求人がメインとなります。となるとどの職種にしろ即戦力として期待できるキャリアとスキルが求められるのです。

そのため、いきなりヨーロッパで働ける求人は少ないのが現状です。商社など海外とのビジネスを積極的に行っている企業に就職し、ある程度実績を重ねた上でヨーロッパへの海外勤務の機会を得るというケースも選択肢として踏まえておくべきでしょう。もっと短期間でチャンスを得たい場合にはヨーロッパに本社を置く外資系企業で働く方法もあります。医療・製薬業やファッション関連、金融・保険業に外資系が積極的に進出していますから、海外勤務の可能性を念頭に入れた上で就職活動を行っていきましょう。

少ないとはいえ、ヨーロッパへの赴任を前提した求人もあります。その限られたチャンスを活かせるかどうかも海外勤務の転職を実現するためのポイントです。転職エージェントの中には海外勤務の求人を多く扱っているところもありますし、海外勤務を専門にした求人サイトもあります。こうした情報源をうまく活用することでできるだけ多くのチャンスを得るよう心がけたいところです。