海外勤務の多い業種や職種、海外勤務での給与支払・住民税・社会保険のことなど

海外勤務の多い業界や職種のこと

経済のグローバル化が進み、世界を舞台に活躍するビジネスマンも増えています。一方では日本人の「ガラパゴス化」が問題視され、若者を中心にもっと積極的に海外に出るべき、との意見も見られます。そうした風潮から海外勤務を念頭に就職・転職活動を行っている人も増えているようです。

では海外勤務の多い業界や職種にはどのようなものがあるのでしょうか。まず真っ先に考えられるのが貿易関係。海外のメーカーとの取引や交渉などのため、海外勤務が多くなります。それから製造業。こちらは原材料の調達のために海外に派遣されたり、現地法人を設立した上で勤務するケースが見られます。とくに商社・流通系の業界に海外勤務が多く見られます。さらにやや特殊な業界となりますがエンターテイメント系も海外派遣、勤務が多い業界です。職種ではやはり営業が多くなります。

もうひとつは外資系の企業が多い業界。他の国の支社への転勤があるためです。この場合、外資系が積極的に進出している医療や医薬品メーカー、金融・保険業界などに海外勤務の機会が多くなります。

他には電気製品や自動車をはじめとした製造業。基本的には大企業に限られますが、海外勤務のチャンスに恵まれた業界として挙げられるでしょう。この業界では営業のほか、現地での管理業務、人員の指導などに携わる職種が多いのも特徴です。

海外勤務を希望する場合にはこうした業界、職種を念頭に入れ、チャンスに恵まれそうな企業を探していくとよいでしょう。