海外勤務の多い業種や職種、海外勤務での給与支払・住民税・社会保険のことなど

海外勤務のために必要な英語力

海外勤務のためには英語力は必須といってもよいでしょう。中国をはじめとするアジア圏の経済発展が目覚しい状況ですが、それでもビジネスシーンにおける国際用語は英語です。そしてこの点こそが日本のビジネスマンの最大の弱点とも言われています。では海外勤務の際にはどの程度の英語力が求められるのでしょうか。

この点に関しては業種によって異なってきます。簡単に言ってしまえば専門的な知識が求められる分野であればあるほど高度な英語力が求められるのです。たとえば医療・医薬品業界。専門性が高い上に外資系が多いため、数ある業種の中でももっとも英語力が求められます。簡単な読み書きやコミュニケーションができる初歩的な英語力は絶対条件、ビジネスに絡む商談や交渉を滞りなく行える能力も欠かせません。求人情報においても半数程度が専門的な会話ができる英語力を求めています。

同じくらい高い英語力を求める業種としてはメーカーや商社系が挙げられます。こうした業種でははじめから高い英語力を持った人材だけに海外勤務を担当させることも多く、それが将来の昇進、昇給に大きな影響を及ぼします。

逆にそれほど高度な英語力を求められない業種にはどのようなものがあるのでしょうか。意外に思えるのが金融業。求人情報を見てもビジネスの交渉、商談ができる高度なスキルを求めているのは全体の3割程度。初歩的なコミュニケーション能力も全体の5割程度に留まっています。ただ、この分野は近年になって急速なグローバル化が進んでいるため、これまで以上に英語力が求められるようになっています。そのほか意外に英語力がそれほど必要とされていない業種ではIT業界、建築業界、サービス業などが挙げられます。