海外勤務の多い業種や職種、海外勤務での給与支払・住民税・社会保険のことなど

海外勤務のメリット・デメリットとは何か

海外勤務にはメリットとデメリットが共存しています。特に日本人ビジネスマンにとって、両者が極端な形で共存するケースが見られます。ではそれぞれメリットとデメリットを具体的に見てみましょう。

まず現実的なメリットは将来の昇進・昇給に役立つこと。どの業種でも将来が期待できる人材に海外勤務を命じるもの。とくに商社系はどれだけ早い段階で海外勤務を命じられるかで会社の期待度が決まるといわれています。また、海外勤務によって得られる手当て。企業や派遣される国によっても異なりますが、手当てだけで生活できる場合もあります。

他にもメリットは多数あります。すぐに得られるメリットではありませんが、広い視野を身につけることができる、世界を舞台に活躍できる、幅広い人脈を築くことができる、そして語学力を磨くことができる。これらはビジネスマンとしてのスキルアップに大きく役立つことでしょう。将来的に転職や独立開業を目指すうえでも大きな武器となります。

ではデメリットはどこにあるのでしょうか。なんといっても生活環境の変化。特に日本は治安がよく、清潔な環境に恵まれているため、海外勤務によって生活環境の激変を味わうことが多いものです。また単身赴任の形で家族と離れて勤務するケースもあるでしょう。逆に家族連れで移住する場合は家族、特に子どもの生活環境にも配慮しなければなりません。キャリアアップのための海外勤務が家庭環境にとってマイナスにならないよう、細心の配慮が求められるわけです。

転職してまでも海外勤務を望む人も

近年、海外で働く事を望む日本人のサラリーマンが多い様子です。しかし人それぞれ目的は異なります。日本での就職難によって海外に活路を見出そうとする甘い考えの方も多く、人材を登用する側としてもそれは嘲笑の的になってしまっています。それよりも積極的にキャリアを積むために転職・海外勤務を考える人を採用したいとする向きもあるので、真剣に未来の自分のあり方やゴールを考えなければいけません。いまの日本での仕事を退職して海外へ、と考えるわけですから前向きな人が多いわけですね。

当サイトでは海外で働くことに関して情報を掲載しているサイトです。左側のメニューよりぜひご覧ください。